Envader

悩むより遊べ。
エンジニア予備軍のためのIT
基礎学習ゲーム

4,000ユーザーが利用中

「環境構築・インフラ」の独学なら、Envader

すべてのエンジニアリングの基盤が「環境構築・インフラ」です。しかし、それを独学&実践できる場所は見当たりません。自前のパソコンの真っ黒な画面で、一つずつ手探りで試すしかありませんでした。そこで生まれたのがEnvaderです。

Point 01

エンジニアの基礎ステージを攻略

アプリ開発には欠かせない、Linux、Database、セキュリティなど「IT基礎」は押さえていますか?もしまだなら、Envader一つで解決します。極めれば、それだけでも一人前のインフラエンジニアへ。

Point 02

めんどうな環境構築を一撃クリア

サーバー用意、OSインストール、ミドルウェアインストール、ユーザー・権限など各種設定が、1クリックで済むのが Envader 。あなただけの環境が5秒で起動。難しいことは抜き、無料登録であなたのものに。

Point 03

OS破壊でゲームオーバーの恐怖
Envader
Envaderなら何度も試せる

アプリ制作などで、自前のPCでいきなり環境構築に挑むと、間違えてOSを壊しかねません。Envaderなら「間違えると後戻りできない」なんて心配は無用。挑戦歓迎、ボタン1つでリセット。

Point 04

現役エンジニアから直接吸収

希少型エンジニア育成専門ITスクール「RareTECH」の講師が、各問題を動画で解説しています。本来なら現場でしか得られない先輩からの指導が、無料で手に入ります。(※コースにより有料)

voice

Envaderでこんな知識が身につきました。

  • IT初心者であれば、プログラミングを始める前に触れてほしい分野。

    30代・男性 エンジニア

  • この準備段階を飛ばしている人が多いのが、プログラミング挫折率を上昇させている原因。

    30代・男性 エンジニア

  • Linuxの基礎を改めて学んだことで、使えるコマンドが増えた。

    30代・男性 フリーランス

  • エンジニアにとって必要な、自分で調べる問題解決能力が身についた。

    10代・女性 一般事務職

  • 頭を捻って解答したコードが合っていたときの達成感がたまらない。

    40代・女性 Webコンサル

  • 楽しく学習をする方法を身に付けられた。

    10代・男性 事務補助

reason

現役エンジニアに聞く。環境構築の知識が必要な理由

  1. 01ネットワークやLinuxの知識がないと開発できないプログラムが出てくることもあるよ!
  2. 02環境構築の知識があれば開発時にトラブルが起きても対応できる。現場で重宝される人材に。
  3. 03現代のシステムはかなり複雑化してきているので「ただコードが書ける人」では今後生き残るのは難しいかも。

環境構築の知識はただコードが書ける人からシステム全体を理解して
開発できるエンジニア
へと
導いてくれます。